ホームページに戻る
沖縄に駐留する米国海兵隊部隊の将軍と各施設の司令官の紹介
沖縄に駐留する米国海兵隊部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊施設の案内
沖縄に駐留する米国海兵隊に関するニュースを読む
在日米国海兵隊報道部によるメディアリリースを読む
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流関係を紹介
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与を説明
沖縄に駐留する米軍による経済効果の説明
米国海兵隊の環境保護の取り組みについての説明
在日米国海兵隊による英語版ホームページも利用できます
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

米海兵隊太平洋基地

在沖米海兵隊バトラー基地

キャンプ・ゴンザルベス (北部訓練場) キャンプ・シュワブ キャンプ・ハンセン
キャンプ・コートニー
キャンプ ・フォスター (瑞慶覧基地) キャンプ・レスター (桑江基地) キャンプ・キンザー (牧港補給地区) 伊江島補助飛行場

米海兵隊普天間航空基地 米海兵隊岩国航空基地 キャンプ富士諸職種共同訓練センター


米海兵隊普天間航空基地

歴史

在沖米海兵隊バトラー基地 ロゴ
普天間基地は沖縄県宜野湾市に位置し、那覇空港から北に約10km、嘉手納空軍基地からは南に約5kmの位置にあり、普天間飛行場はほとんどの航空機を支援できる機能を持ち備えています。

普天間飛行場は国連指定施設でもあり、沖縄周辺を運航するアメリカ空軍やアメリカ海軍の航空機も利用しています。

普天間飛行場の滑走路は1945年にB-29の戦略爆撃機に備えるために建設されたもので、2,700メートルの滑走路があり、兵員及び物資の輸送にも活用できるように開設されました。

普天間飛行場は1960年に海兵隊航空施設として任命され、1976年に航空基地となりました。


任務

普天間基地の任務は、施設の維持と運営そして役務や物資を提供して海兵航空団やその部隊の運営を支援することです。

さらに海軍作戦部長と連携して、海兵隊総司令官からの指名によりその他の活動や部隊に施設を提供して地上軍支援の為に艦隊海兵部隊航空機運営の支援を行います。

また組織的航空機整備施設の提供、同基地内の部隊に対しての作戦、兵站、管理支援を提供しています。

普天間基地はさらに、第三海兵遠征軍と在沖米海兵隊バトラー基地の支援も行っています。


地域への関与

普天間基地周辺は宜野湾市に囲まれている為、騒音やその他の環境汚染に対する環境要因の重要性が高まっています。

普天間基地は民間地域に近接しているため、建ち並ぶ高層ビルの影響で安全な離発着経路が要求されることを認識しています。

また地元農家の人々は、普天間基地の一部を耕作に使用しています。

宜野湾市長や市役所職員等の地元指導者と三ヶ月に一度集会を開き、目下の問題やまた必要に応じてさらに緊急性のある問題について討論しています。

普天間基地では、年に一度、日本国民なら誰でも参加できる交流イベント、フライトライン・フェアーを開催しています。


MCAS Futenma Chapel
MCAS Futenma Medical Center
MCAS Futenma PX
MCAS Futenma Theater
教会
メディカルクリニック
PX
映画館
McCutcheon Gym
MCAS Futenma Barracks
Thirsty's Enlisted Club
Habu Pit Officer & SNCO Club
ジム 兵士寮 タースティーズクラブ 将校クラブ
MCAS Futenma Education Center MCAS Futenma Mess Hall
教育センター 食堂
その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
軍のTCCOR(台風)情報 TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Updated April 19, 2013