ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (1月28日)

(論説)フェンスクリーン活動に思うこと

一宜野湾市民

【沖縄県宜野湾市】月曜日、午後6時過ぎ、冬のこの時間はもう辺りは暗くなり、野嵩(のだけ)ゲートのフェンス周りは真っ暗になる。

そこに、何処からともなく湧き出したゴーストのような人たちが、野嵩ゲートのフェンスに貼り付いて、赤、黄色、白、そして黒いガムテープを次々と貼り付けて行く。

これが、毎週月曜日の夕方、アメリカ海兵隊普天間基地野嵩ゲートのフェンスで現実に起きている光景だ。

その前日、日曜日の朝、9時になるのを待ちきれないように、続々と人々が野嵩ゲートフェンスに集まり、一週間汚されたままのフェンスを次々とカッターナイフで、ガムテープを除去してゆく。

冬は、手がかじかみ、夏はドロドロに溶けたガムテープの粘着面が指の皮膚から離れず、指の皮が剥がれてしまう人もいる。

けれど、誰もガムテープを剥がす作業を途中で中断することはない。

そこに集まる海兵隊の方々も、街を汚されるのを放置することの出来ない一般市民の方々も、最期のガムテープ一片がフェンスから取り除けるまで、笑顔と笑い声で作業を続ける。

そこに参加するすべての人は知っている。このフェンスの綺麗な状態は、僅か1日しか続かないことを。

けれど、だれも文句一言言わず、黙々とフェンスを綺麗にしてゆく。

そう、黙々と、作業をする、と言う姿は、同じだ。

けれど、この日曜日と、月曜日の二つの集団は、天使たちと、その反対の立ち位置にあると僕は思う。

汚す行為と、綺麗にする行為。

これは、普通の頭で考えれば、どちらが神様の側に立ち、どちらがそうでない位置にあるか、一目瞭然だ。

僕は沖縄生まれではない。

不思議な導きで、この島に呼ばれた。胸の奥深い場所から届く、静かでそして力強い声のままに、この島に来た。そして10年になる。

沖縄の基地問題の現実も観た。話も聴いた。

米軍反対、基地反対、オスプレイ反対の人々の声も、姿も観た。

それを、一概に間違いだと、否定するつもりも、糾弾するつもりもない。

けれど、フェンスを汚す行為は、認めることは出来ない。

自分たちの主義主張は、自由な行動を許されていると、汚す側の人々は、声を上げるが、どんなに贔屓眼(ひいきめ)に観ても、このフェンスを汚す行為は、ゴミを巻き散らかす行為以外のなにものでもない。

何度も、汚してる現場で、彼らと対話を試みたが、それは対話にすらならないレベルのものになった。

6〜7名で取り囲まれ、罵詈雑言(ばりぞうごん)を浴びせられた。テープを剥がす為に持っていたカッターナイフを観て、勝ち誇ったように、人を殺す道具を持ってるから、この人を捕まえて、と間に入る警察官に訴え続けた。

そして、このガムテープのゴミは、みんなに支持されている芸術だ!と言い放った。

違う世界に心が行ってしまった人々なんだな。

そう思った。

僕は、その日から、自分が通る時間帯に、少しだけ時間を作り、フェンスを綺麗にすることにした。

週末の一週間、有志達の手によってフェンスを綺麗にして下さるまで、このガムテープのゴミは野嵩ゲートフェンスに貼り続けられたまま。

これが、どうにも我慢出来なかった。

ただ、一週間のうちに、あまりにもテープを剥ぎ過ぎて(笑)日曜日のメンバーの方々から、楽しみがなくなるので、残しといてね。と言われた。

僕は僕に出来る立ち位置で、僕の街を綺麗にする。

そして、僕が、明け方となく、昼となくガムテープを少しだけ剥がしていると、沢山の方々が声を掛けてくだった。

その中で、1人のおばぁの、声をご紹介して、ペンを置こうと思う。

「あんたがたは、なぜにフェンスに、テープを貼ったり、剥がしたりしてるのかえ?」

そのおばぁは、同じ人々が、時にテープを貼り、時にテープを剥がしてると今まで思っていたとのこと(笑)。

貼ってる者と、剥がしてる者とは、別の者であることを、丁寧に説明した所、おばぁは満面の笑顔になって、「汚すのはダメさー、頑張りよー」、そう答えてくれた。

僕のささやかな数十分でも、誰かに真実を伝えることが出来る。

それがとても嬉しい。

そして、今は出来ないけど、必ず参加するからねー、そう言って通り過ぎる人は、とても沢山いる。

やっぱり、汚ないフェンスと、綺麗なフェンス、誰が観ても、綺麗な方がいいに決まっている。

毎週日曜日、朝から野嵩ゲートフェンスを黙々と綺麗にして下さる、アメリカ海兵隊の有志の皆様に、そしてたくさんの綺麗好きのメンバーに、心から感謝を捧げる。

ありがとうございます。

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
米軍が使用する台風コンディションコード TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted January 28, 2015