ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (2月2日)

(論説)日本人の礼儀正しさ、誠実さを一生忘れない

グレッグ・オバー米国海兵隊少佐

一度失くしたiTouchが高速道路のバス停のベンチで見つかって喜ぶブライスちゃん
一度失くしたiPod Touchが高速道路のバス停のベンチで見つかって喜ぶブライスちゃん
【在日米海兵隊】サッカー好きな私の家族は夕食の席で、沖縄に住むことがどれほど好きかという話を時々します。

議論することも多々ありますが、沖縄でのサッカーのユースチームの素晴らしさや沖縄の人々の誠実さについてもよく話します。

例を挙げると、先週、私は職場から家路につく途中、高速道路のバス停で娘のブライス(12歳)を拾い、彼女をヴィクサーレ・ナビータ沖縄との練習へと送り届けました。

その時、どうやら娘のiPod Touchがサッカーバッグから転げ落ちてしまったようです。

私たちは、4時間後に家に着いた午後9時頃までその事にまったく気付きませんでした。

ご想像の通りブライスはパニックに陥り、私はiTouchを探すために彼女をバス停まで連れて行くことに同意しました。

私は心の中では、もうiTouchは無くなっていると思っていました。

茂みに落ちてしまい二度と見つからないか、あるいは「見つけた人の所有物になり、失くした人は泣くしかない(ことわざ:Finders keepers, losers weepers)」とよく言われるように、誰かが拾って持ち帰ってしまっただろうと考えていました。

ブライスと私は懐中電灯とレインコートだけを持って、iTouchを探し回りました。

ブライスを車に乗せたとき、彼女は高速道路の出入通路からまっすぐ私の車へ向かって来たので、私たちはバス停のベンチの上をチェックせずに通り過ぎようとしていました。

ふと、私は彼女にベンチの上もチェックするように言い、彼女がそこを見てみると、iTouchはそこにあったのです。

誰かがiTouchを道路から拾い上げ、きちんとベンチの上に置いてありました。

さらに、iTouchを雨から守るためにわざわざビニールに包まれていました。

私たちは驚きました。

4時間の間にバス停を訪れた人が私たちがiTouchを見つけられるように、安全に置いていってくれたのです。

世界中どこに行ってもこんなことは起こりえないでしょう。

翌日、私はバス停にiTouchの写真と一緒に「ありがとうございます」と日本語で書いた張り紙を残しました。

娘とiTouchの再会を助けてくれた心優しい人にこれを見てもらい、私たち家族に影響を及ぼしたことを知って欲しいと願っていたからです。

いつかは沖縄での任務に終わりが来ますが、沖縄の人々の優しさと寛容さを私たちはずっと忘れないでしょう。

オバー少佐は6年前から沖縄で勤務し、地元のサッカーに深く関わっている。現在、キャンプ・コートニー(うるま市)にある第三海兵師団作戦部で働いている。

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
米軍が使用する台風コンディションコード TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted January 9, 2015