ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (3月18日)

沖縄県警と憲兵隊が沖縄の安全確保の貢献に謝意

沖縄警察署から感謝状を贈呈された犯罪捜査科の日本人捜査官ならび海兵隊員
沖縄警察署から感謝状を贈呈された犯罪捜査科の日本人捜査官ならび海兵隊員
【沖縄県沖縄市】沖縄警察署が在日米海兵隊犯罪捜査課の日本人捜査官ならび海兵隊員に感謝状を授与しました。

感謝状を受け取ったのは日本人捜査官、テリー・ルイス一等軍曹、アンドリュー・スミス二等軍曹とジェコブ・ロジャース三等軍曹の四人です。

四人は北谷町にあるキャンプ・フォスター憲兵隊犯罪捜査課の捜査官で、沖縄警察署は2014年間を通して交通安全と犯罪を解決した同捜査課の取り組みに対して感謝状を贈呈しました。

その尽力に対する評価は継続され、憲兵隊犯罪捜査課が、西原町にある沖東交通グループ本社にておいて、同社に感謝状を贈呈しました。

沖東交通グループは米軍基地内でのタクシー営業契約を結んでおり、クレジットカード詐欺行為の発見やタクシーに置き忘れた物を適切な機関に届けるなどの協力的な行為が認められ、海兵隊から感謝状が贈られました。

式典は沖縄の市民と海兵隊が地域の安全を確保することを目的として、これまで築いてきた現行のパートナーシップを実証しています。

捜査担当将校のジョセフ・ポンテ准尉によると、犯罪捜査官の資格を有する日本人従業員は、犯罪捜査課の海兵隊員と沖縄の人たちがコミュニケーションを図り、互いに理解し合えるよう力添えし、地域の犯罪を解決する上で重要な役割を担っていると話し、次のように述べました。

「我々は法執行機関として、捜査解決に役立つ情報を持っている可能性がある人たちとの関係に頼っています。事件を解決する上で、沖縄の警察や企業は重要な役割を担っているのです。彼らの協力は、我々が証拠を保持し、犯罪者に犯した罪の責任を負わせるのに一役買っています」

主任兼捜査官のルイス軍曹によると、犯罪捜査課は米軍基地内外で通常発生している犯罪を監視していると話し、「犯罪捜査課は沖縄の警察や企業と連携し、犯罪を未然に防ぐ方策を立てています。沖東交通グループのような企業は、引き続き警戒し、不審な行動を憲兵隊に通報することで自らの役割を果たしています」と述べています。

在日米海兵隊の憲兵隊から感謝状を受け取る沖東交通グループの東江一成社長
在日米海兵隊の憲兵隊から感謝状を受け取る沖東交通グループの東江一成社長
沖縄県警も地元の犯罪傾向情報を憲兵隊に提供し連携を図っているので、海兵隊捜査官も基地の外で気をつけるべき事項や不審な行動の特定方法を把握しています。

ルイス軍曹は、「沖縄県警は米軍人が関与していない場合でも、県内でどのような犯罪が発生しているのかを知らせてくれます」と述べました。

ポンテ准尉は、憲兵隊はいつでも対応可能で、いかなる要請にも応じる態勢を整えていて、捜査官は十分な教育や訓練を受けており、ほぼどんな状況においても適切な対処方を把握していると話し、次のように述べました。

「憲兵隊は沖縄の警察に協力的であり、惜しまず連携し、事件の証拠に必要な支援を提供していることは明らかです。犯罪捜査課では、沖縄の人々の安全を確保するため、覆面捜査で情報や証拠の収集を行っています」

犯罪捜査課は、沖縄の人たちと米軍人が協力し、犯罪が起きる前の対策を講じることの重要性を強調しました。

ポンテ准尉は、「常に犯罪捜査を行なっている訳ではありません。課題や問題を予測し、沖縄の人々と連携し、将来起き得る犯罪を防止する方策を施行しています」と述べました。

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
米軍が使用する台風コンディションコード TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted March 18, 2015