ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (5月15日)

米軍は自身の危険をかえりみず世界中の災害に対応

マグニチュード7.3の余震で負傷したネパール住民を緊急配送し、オスプレイから降ろす海兵隊員
マグニチュード7.3の余震で負傷したネパール住民を緊急配送し、オスプレイから降ろす海兵隊員
【在日米海兵隊】米軍は評論家たちから多くの批評を受けます。

しかし世界のどこかで災害が発生したら、支援を要請されるのは誰でしょうか?

そう、アメリカと米軍です。

そして米軍は常に対応してきました。今、ネパールで行っているように、時として重大なリスクを冒してまでも支援をサポートするのです。

戦闘だけが軍隊を危険な状況に追い込むのではありません。米軍のヘリコプターがネパールでの救援活動中に行方不明になりました。

軍当局はヘリコプターが安全な場所に着地していると願っています。墜落した形跡もなく、無線連絡できない山陰に着陸しているのかも知れませんが、消息を絶つ前の無線連絡で燃料に問題があるとの一報が懸念を抱かせます。

4月25日の地震後の人道支援を提供するために、300人の米軍関係者がネパールに飛び、米国際開発庁と協力し合い支援を提供しています。

米軍は常に災害を救援するために展開します―最近ではパキスタン、フィリピン、タイ(東日本)だけではなく、西アフリカのエボラとの戦いにも展開しました。

米国は一年間に最大50カ国、70回も使節団を派遣しています。

在日米海兵隊のUH-1Yヴぇノムで運ばれてきた支援物資の配送を手伝うネパール陸軍隊員
在日米海兵隊のUH-1Yヴぇノムで運ばれてきた支援物資の配送を手伝うネパール陸軍隊員
米国は援助を提供するために、世界中のどの国よりも機材やノウハウがあります―そして思いやりも。

ペンタゴン職員のジェフリー・プール米海兵隊中佐は、「私たちは物流と運搬手段が豊富です」と話しています。

米国からの支援チームは飛行場整備や水の浄化から食料、水や必需品の配送まで、事欠かない支援を提供しています。

消息を絶ったヘリコプターの安全を願い、そしてネパールで支援活動する全ての国際協力関係者の方々の安全と健康を願っています。

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
米軍が使用する台風コンディションコード TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted May 15, 2015