ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (5月26日)

陸上競技大会で日米の家族間の親睦を図る

小学生交流陸上競技大会のかけっこで抜きつ抜かれつの大接戦で場内を沸かせる日米の児童
小学生交流陸上競技大会のかけっこで抜きつ抜かれつの大接戦で場内を沸かせる日米の児童
【沖縄県金武町】スターターピストルが鳴り響くと、子供たちが赤い陸上競技トラックの上を駆け抜けていきます。

子供たちがトラックの回りに張り巡らされたテントの前を駆け抜けると、テントの中からは保護者が子供たちに声援を送ります。

沖縄県金武町にある陸上競技場で金武町民と米軍の家族が一緒になり、小学生交流陸上競技大会が開催されました。

大会は日米の子供たちが一緒にスポーツに参加する楽しい機会を与えると同時に、金武町民と米軍家族の関係を強化しました。

キャンプ・ハンセン司令官のショーン・マクブライド大佐は、「この大会は日米家族間の共通の関心を介して親睦を図ります。そしてそれが生涯の友好を構築する方法です。それは早い年齢から小さな規模で始まり、その後、より意味のある関係に発展するのです」と説明しています。

大会中、子供たちは色々な種目に参加しました。

各種目の終了後、上位3位までに入賞した児童は表彰台に上がりました。表彰された子供たちがメダルと賞状を受賞する傍ら、保護者は写真撮影におおわらわでした。

情報大隊指揮官で参加した児童の親でもあるマイケル・レイリー中佐は、「子供たちは競争に勝つことを喜んでいるようでしたが、それにも増してお互いに競争できることを喜んでいるようでした」と述べました。

小学生交流陸上競技大会のかけっこで抜きつ抜かれつの大接戦で場内を沸かせる日米の児童
小学生交流陸上競技大会のかけっこで抜きつ抜かれつの大接戦で場内を沸かせる日米の児童
嘉陽貴幸キャンプ・ハンセン基地渉外官によると、陸上競技大会はみんなに喜ばれる活動を通して、双方の言葉の壁を越えていました。

町民と米軍関係者は、両社会間のギャップを埋めるために一緒に企画し調整しました。

嘉陽渉外官は、「金武町長と金武町教育長が、日米の児童が競い合い、楽しむための素晴らしい大会なので、できるだけ多くのアメリカの児童が参加できるように招待しました。お二方には子供たちの貴重な体験を提供していただき、大変感謝しています」と述べました。

レイリー中佐は、このようなユニークなイベントは児童たちの視野を広げ、異なる文化的背景を持つ人々を引き合わせると述べ、次のように話していました。

「私たちはここ沖縄でご近所です。私たちは子供たちと一緒にここに住んでいて、子供たちが世界の他の文化や他の人たちを真に感謝できるように成長する姿を見てみたいですし、このようなイベントが他の人たちとの接触を手助けするのです」

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
米軍が使用する台風コンディションコード TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted May 26, 2015