ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (6月12日)

名護市の保育園児たちがえいごであそぼ

野外活動で訪れていた公園にある小川で遊ぶあすなろ保育園の園児たちと海兵隊員
野外活動で訪れていた公園にある小川で遊ぶあすなろ保育園の園児たちと海兵隊員
【沖縄県名護市】梅雨も上がったかのような澄み渡る青空の下、川のせせらぎと共に元気な子供たちのはしゃぐ声が聞こえてきます。

子供たちは市内にあるあすなろ保育園からの約30名の年長組の園児たちで、名護城(ナングスク)のふもとにあるせせらぎ公園に来ています。

保育園では、外国人と触れ合いながら日本人である自分たちとは目の色も髪の毛の色も言葉も違う外国人がいるということを肌で感じて欲しいと、月に1度「外国人とあそぼう」というプログラムが組まれています。

そのプログラムの一環として、園児たちがキャンプ・シュワブからの海兵隊員と一緒になって、いつもの教室から飛び出して野外活動を体験しています。

園児たちとアメリカ人たちが一緒になって公園の中を流れる幸地川に入り、楽しそうにはしゃぎ回って遊んでいます。

男の子たちは、川の中に寝そべる子、隊員たちと水をかけっこしてはしゃぐ子、女の子たちは、浅瀬を観察する子、川辺に咲いている野の花を摘み取る子と様々です。

石倉健雄主任保育士によると、「今日は月に一度のキャンプ・シュワブとの交流会です。交互にいろんな遊びを計画していて、前回はシュワブの方たちがゲームを考えてくれたので、今回は自分たちが計画しました」と説明しています。

さらに石倉主任は、「シュワブと交流するようになって、子供たちはどの隊員が来ても、ちゅうちょすることなく彼らと遊ぶようになりました。かえって大人の方が外国人という概念があるみたいです」と述べています。

伊波文雄キャンプ・シュワブ基地渉外官によると、「あすなろ保育園とキャンプ・シュワブの交流は1997年から続いています。当初はハロウィンやクリスマスなどのイベント交流から始まりました」と説明しています。

しばらく川遊びをした後、一団は石倉主任が先頭に立って上流に向かって川の中を探索に歩き始めました。

上流に向かって川を探索している途中、子供たちがテナガエビを見つけ、捕まえたエビを興奮した様子で隊員たちに見せました。

隊員たちも子供たちから「エビ」という日本語を教わり、楽しみながら冷たい川の中から探索を続けました。

子供たちから川辺に咲く野の花をたくさんもらったジェイミー・ブリック上等兵は、「優しく元気で、とても可愛らしい子供たちと一緒に遊ぶことができて楽しかったです」と話しています。

さらにブリック上等兵は、「子供たちは私の名前を呼んでくれて、お花の色を英語で教えると、とても喜んでいました。地域の子供たちと交流することは、普段、基地の外に出ることが少ない私たちにとっても良い機会であると思います」と今回のボランティアにとても満足した様子でした。

ドミトリー・ヘンダーソン上等兵は、「子供たちとの交流は楽しかった。甥っ子や姪っ子に同じ年くらいの子たちがいるので、子供たちが大好きです。今夜、ハワイに戻るので、これが沖縄での最後のミッションでした、楽しかった」と笑顔で話しています。

2時間ほどの楽しかった野外活動もあっと言う間に終わりを告げ、園児たちと隊員たちはそれぞれの次の場所へと別れを告げました。

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
米軍が使用する台風コンディションコード TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted June 12, 2015