自衛隊観艦式に在日米海兵隊も参加
ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (10月23日)

自衛隊観艦式に在日米海兵隊も参加

オスプレイ後方の乗降口から海上を歴然と航行する海上自衛隊の艦隊を望み見る
オスプレイ後方の乗降口から海上を歴然と航行する海上自衛隊の艦隊を望み見る
【東京都横田基地】太平洋に位置する台風の影響からか、時折吹く突風の中、両翼を広げたオスプレイのプロベラが始動します。

オスプレイは優雅に空に舞い上がり、機体が上昇するにつけ気温は下がっていきます。

海上では海上自衛隊の艦隊が滑るように歴然とした姿で航行し、その上空を覆うように大規模な航空機の一団が飛び、在日米海兵隊の輸送機オスプレイもその一団に加わり、エンジン音を響き渡らせます。

空を飛ぶ航空機の連隊は、海上自衛隊、米海軍、そして米海兵隊から編成された28機の航空機で、平成27年度自衛隊観艦式で連帯飛行の勇姿を観客に披露しました。

観艦式では海上自衛隊の艦隊が整然とした姿を披露し、準備万端である勇姿を示し、日本と米国がアジア太平洋地域の繁栄と安全保障に対するコミットメントを示しました。

オスプレイのパイロット、スタポア大尉は、「日本の自衛隊とともに行動できる機会は、長期的見れば良い事でしょう。お互い緊密な関係を保って行動をとる事で信頼関係を増幅できます」と話しています。

10月18日に行われた自衛隊観艦式で、海上を歴然と航行する海上自衛隊の艦隊
10月18日に行われた自衛隊観艦式で、海上を歴然と航行する海上自衛隊の艦隊
この観艦式に参加できたオスプレイの乗組員は、日々の勤務態度や個々のスキルレベルによって厳しく厳選されて選抜されたクルーでした。

スタポア大尉は、「今回、海上自衛隊とともに行動できた事はとても光栄で、全ての事が楽しみとなっています。またいつかこの観艦式に参加したいですね」と締めくくりました。

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
米軍が使用する台風コンディションコード TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted October 23, 2015