ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (1月21日)

陸上自衛隊士官候補生、海兵隊に学ぶ

海兵隊によって開発された近接格闘術を陸上自衛隊の士官候補生に披露する海兵隊将校
海兵隊によって開発された近接格闘術を陸上自衛隊の士官候補生に披露する海兵隊将校
【米海兵隊キャンプ・キンザー】志の高い日本の自衛官が1月15日、沖縄県浦添市にあるキャンプ・キンザーを訪ね、海兵隊との合同訓練における最も重要な任務を遂行しました。

陸上自衛隊の士官候補生360人は、将来ともに作戦に従事することが想定される海兵隊の武器や車両、そして武術についてプレゼンテーションを受けました。

ジェリー・テレノア上等兵は、「これらの訓練は、似て異なる自衛隊と海兵隊のお互いの訓練について、それぞれの知識と経験を共有する機会を与えてくれます」と話しています。

海兵隊幹部によると、自衛隊と米軍は共同訓練を継続することでアジア太平洋地域においての同盟を強化してきましたといい、二つの組織は、オーストラリアでの海上訓練、また日本とフィリピンでの人道支援などを通じて共に活動してきました。

最近では、陸上自衛隊と海兵隊が実働訓練「フォレスト・ライト」に参加しています。

半年ごとに実施されるこの共同訓練は昨年9月、日本において、司令官クラスの訓練や複数の実地訓練などを展開しました。

テレノア上等兵は、「これらの訓練を通じて、すでに強固な日米の結束が現場レベルにまで浸透します」と説明しています。

さらに上等兵は、「たとえば上等兵である私自身と士官候補生が、結束を固め、お互いの車両や武器装備について語ることは、個人、かつプロフェッショナルのレベルでの結束を高めることを示しています」と続けて説明しました。

士官候補生は、キャンプ・キンザー基地司令官のクリストファー・フェイデレム大佐の歓迎のあいさつを受けました。

陸上自衛隊の士官候補生が海兵隊が使用する武器や車両を視察しました
陸上自衛隊の士官候補生が海兵隊が使用する武器や車両を視察しました
フェイデレム大佐は士官候補生らに、海兵隊員がどのように太平洋地域で訓練を実施しているかを説明しました。

陸上自衛隊の菊池士官候補生は、「このようなイベントの参加を通じて、海兵隊の従事する使命に好感を抱きます。多くの士官候補生は海兵隊基地に入るのが初めての体験であり、今日は少しでも海兵隊のことを理解する日になりました。 特にその規模については、私たちの小さな士官校と比べものにならないほどです」と述べています。

ツアーの最後に、自衛官と海兵隊員の双方が集い、記念品を交わしました。

テレノア上等兵は、「今日の体験で、私が海兵隊員として従事する使命の重要性を改めて感じさせられました。日本の自衛官からの質問に答えたりしながら、彼らとの交流を楽しみました」と述べています。

菊池士官候補生によると、訪問した陸上自衛官はみな一同に喜び、交流に感謝にしていると次のように締めくくりました。

「海兵隊と共に訓練できることを楽しみにしています。特に陸上自衛隊は現在、水陸両用の展開を重視しており、その意味で海兵隊から学ぶことはこれまでになく重要です。個人的には、来月から歩兵隊幹部になるための訓練が始まるので、一層、海兵隊から学んでいきたいです」

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
米軍が使用する台風コンディションコード TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted January 21, 2016