ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (2月29日)

名護市の中学生がアメリカ人との交流で視野を広げる

伝言ゲームで列の先頭にいる中学生が書く英単語のスペルを見届けるアメリカ人の二人
伝言ゲームで列の先頭にいる中学生が書く英単語のスペルを見届けるアメリカ人の二人
【沖縄県名護市】2月最後の土曜日、名護青少年の家では先週末に引き続き今週末も又、日米合同のキャンプがオープンしました。

名護市教育委員会が委託する事業者による「English Day Camp」は今回、市内の中学生を対象にして開催され、市内の中学校から25人の中学生、22名のアメリカ人、10数名の大学生や専門学生も参加して、総勢60人余りが一堂に集まりました。

名護市教育委員会、学校教育課の新垣みゆき指導主事のあいさつから始まったイベントは、子どもたちと大人が打ち解けるため、みんなで大きなひとつの輪になって「数だけ集まれ」ゲームで遊びながら緊張をほぐしていきました。

みんなが少し打ち解けたところで、1チーム数名の中学生、大学生、アメリカ人の12〜3人でグループを作り、全体で5チームに分かれたチーム対抗の伝言ゲームへと移行していきました。

伝言ゲームの進行係りを務めたボランティアで参加している日系アメリカ人のタカシ・オカモト大尉は、「日本人と関係を持つことは大切ですし、とても楽しいです」と話してくれました。オカモト大尉は辺野古にある米海兵隊キャンプ・シュワブで毎週水曜日の夜、一般市民に提供されている英会話クラスで2年以上もボランティアとして毎週英会話を教えています。

伝言ゲームで「April」の単語を伝えたとき、やはり日本人にとって「L」と「R」の発音は難しいようで、十数名のチームによる伝言で最終的に「Air Plane」になっていたり、なぜか「Boy」になっているチームもあり、みんなの笑いを誘っていました。

数回の伝言ゲームの次は、袋に入っているものを英語で質問して連想するゲームが行われ、チーム対抗で楽しく遊びながら自然と英語が身に付くように工夫されたゲームがいろいろと用意されていました。

正午まできっちり英語ゲームを楽しんだみんなは、チームごとに施設内にある食堂へ移動し、チームごとにランチのカレーを食べました。

白雪姫のワンシーンで、魔法のかがみに誰が世界で一番美しいかと問いかける王妃
白雪姫のワンシーンで、魔法のかがみに誰が世界で一番美しいかと問いかける王妃
食事を終えると数名のボランティアを除いてみんなで体育館に移動し、食後の自由時間を満喫しました。

体育館で遊んでいた名護中3年の比嘉省吾くんは、既に推薦入学で高校が決まっていると話し、「去年の夏、ハワイに3週間留学したので、英語には興味があります」と名護市中学生短期留学派遣プログラムを通してアメリカに滞在した体験から英語への意欲を話してくれました。

東江中から参加した中2の5人組み女子中学生は、楽しそうにワイワイ騒ぎながら将来は英語を生かせるような仕事に尽きたいとそれぞれが満面の笑みで将来の夢を話してくれました。

昼食後、数名のアメリカ人ボランティアと数名の父兄や大学生は研修室に戻り、みんなに披露する「Snow White(白雪姫)」の打ち合わせとリハーサルで大忙しでした。

約1時間の自由時間が終わり、午後1時半にみんなが研修室に戻ると、日本語と英語で発表する「白雪姫」の幕が開きました。

劇では王妃を演じてくれた中1と中2のお母さん、鵜沼(うぬま)千秋さんは、「長男が英語キャンプに参加し、英会話に興味を持つようになり、英検を受けたり英語の本に興味があるようです。その影響で次男も前向きに英語にチャレンジするようになりました」と話してくれました。

約30分間の劇が終わると、それぞれのチームには「白雪姫」の続編を作るようにと課題が与えられ、そのための時間が与えられました。

1時間掛けて即興で作られたそれぞれのチームが発表した英語劇は、真面目に展開したり、笑いありに展開したりで、それぞれが中学生、大学生、アメリカ人が一緒になって考え演じたチームワークが光る作品の集まりでした。

先週の小学生たちのキャンプでは、アメリカ人と一緒になって遊ぶことを中心として構成されていましたが、今日の中学生たちはアメリカ人と一緒になって考えながら創造する機会が設けられ、将来の子どもたちへの夢が膨らむような素晴らしい企画でした。

全てのプログラムが終了すると、家族4人で参加していたカミナ曹長家族から中学生一人ひとりにお菓子が配られました。

又、家族5人で参加していたウォーカー家族からは英語版の少年ジャンプが中学生や日本人ボランティア一人ひとりにサプライズプレゼントとして手渡されました。

英語版少年ジャンプを貰った中学生のひとりが、「うわぁ、すげー、英語のジャンプだ」と驚いた表情が印象的でした。

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
米軍が使用する台風コンディションコード TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
英語の絵本の読み聞かせをする海兵隊員
英語の絵本の読み聞かせをする海兵隊員
みんなで食堂でのカレーのランチ
ボールを使ったチーム対抗戦
ボールを使ったチームリレー対抗戦
3人一組での陣取りゲーム
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted February 29, 2016