ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (4月4日)

沖縄の海兵隊員が太平洋上空で大活躍

6人の米軍関係者が旅客機の中で、手に負えなくなった乗客の拘束に一役買いました。
6人の米軍関係者が旅客機の中で、手に負えなくなった乗客の拘束に一役買いました。
【ホノルル】4人の在日米海兵隊員と2人の在日米軍属がホノルル国際空港から成田空港へ向かうユナイテッド航空の機内で、手に負えなくなった乗客のコントロールに一役買いました。

在日米海兵隊のロウ・カーラ大佐、トロイ・コロンバーグ少佐、ポール・コーナー一等軍曹、ティモシー・ベル二等軍曹、軍属のダニエル・ディーモンとデバリー・グラディの6人は3月26日の朝、いつものように目を覚まし、任地の沖縄へ戻るための準備をしていました。

そしてこれから、少し早めの「任務」が起ころうとはまったく予想だにしていなかった事でしょう。

ホノルル空港から成田空港へ向かう機内で、コロンバーク少佐は、自分より少し後ろの列に座っていた年配の男性乗客に何らかトラブルが起きていることに気づきました。

この男性は乗務員や乗客、さらには自身の妻にさえ怒鳴り散らしていたのです。

コロンバーク少佐によると、後部座席から聞こえるわめき声で事態に気づきました。

少佐はすぐに、近くの座席にいた体格のよい乗客ら数人に声をかけ、乗務員を手助けするための行動にでました。

ベル二等軍曹によると、乗務員らは状況をなだめようとしていましたが、すぐにそれが無理だと分かったようでした。

ベル軍曹は、「最初、乗務員らは、自分たちで彼を落ち着かせようとしていました。しかし男性がますます激情し攻撃的になってくると、乗務員らは彼を止めるために、私たちに助けを求めてきたのです」と説明しました。

乗務員からプラスチックカフを受け取った海兵隊員は、すぐさま行動に移しました。

横暴だった男性乗客は海兵隊員を目にすると、平和的に手首にプラスチックカフをつけさせましたが、カフを足にもはめようとすると激怒しはじめました。

ベル軍曹は罵声を浴びせられ、つばを吐きかけられましたが、落ち着いて対応しました。

ベル軍曹は、「脅されるのは何も初めての事ではありませんよ」と冗談めかしく話し、「しかし冷静に対応し、少し力をかけながらも、彼を傷つけることなく拘束できました」と続けて話しました。

横暴だった男性は完全に拘束され座席に戻された後、飛行機はホノルル空港に引き返し、地元警察に身柄が引き渡されました。

当局の担当者と乗務員らは、海兵隊員のすばやく効果的な対応に感謝し、保安官の一人は、男性を無傷で拘束した彼らの対応を賞賛しました。

コロンバーグ少佐は、「隊員たちが適切に行動できたことを、とても誇りに思います。幸運にも、けが人を出すことなく対応することができました」と誇らしげに「任務」について語りました。

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
米軍が使用する台風コンディションコード TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted April 4, 2016