ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (12月1日)

海兵隊員が日本語と格闘

普天間基地で海兵隊員に日本語を教える図書館司書の末吉賢敦さん
普天間基地で海兵隊員に日本語を教える図書館司書の末吉賢敦さん
【米海兵隊普天間航空基地】普天間基地にあるコミュニティサービスの図書館で11月29日、サバイバル日本語クラスが開催されました。

このクラスは海兵隊員を含む米軍関係者に無料で提供され、日本人スタッフが基本的な日本語を教えています。

コミュニティサービスが運営する図書館の司書長を勤めるファーマーさんは、「このクラスは日本語を始める初心者に適しています。沖縄での滞在を楽しくするための基本的な日本語の読み書き、言葉遣いなどを教えてくれます」と説明しています。

クラスを教えている図書館司書の末吉賢敦さんは、「クラスは隊員たちに取って素晴らしいツールだと思います。多少日本ができれば、彼らが街に出て新しいことを試みるのを手伝ってくれます」と述べています。

簡単な日本語の概要説明の後、隊員たちは「ひらがな」を使って読み書きの練習を始めました。

ファーマー司書長は、「このクラスに参加すると、沖縄にいる間に新しいものを試したり、新しい人と会うときに、もっと気軽になります」と述べています。

クラスの最後の時間には、基本的な日常会話の練習や、よく使われる言葉遣いについて学びました。

ホワイトボードに「ひらがな」を一生懸命まねして書く海兵隊員
ホワイトボードに「ひらがな」を一生懸命まねして書く海兵隊員
ファーマー司書長は、「このクラスでは、実際に隊員たちが外出して、より良い関係を築くことを可能にします。沖縄の人たちと仲良くしたいと思っていますし、そのためには文化的な境界を解きほぐし、互いをより良く理解する方法を学ぶことが最善の方法です」と話しています。

クラスが終わる時刻を告げると、隊員たちは、「さよなら」のあいさつを英語と日本語で交わし、教室を後にしました。

末吉さんは、「隊員たちが新しいことを学ぶときの興奮した姿を見るたびに、教師冥利につきますね」と最後に述べています。

その他のリンク
気象庁による台風最新情報 台風最新情報
米軍が使用する台風コンディションコード TCCOR
在日米海兵隊によるトモダチ作戦 トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted December 1, 2016