ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (9月11日)

オスプレイの事故調査の結果

太平洋上を飛行するオスプレイ
太平洋上を飛行するオスプレイ
【米海兵隊キャンプ・バトラー】在日米海兵隊は、昨年12月13日に沖縄県名護市安部で発生したMV-22Bオスプレイの故意での不時着水についての航空事故に関する調査結果を発表しました。

事故原因は、入手可能な証拠に基づき、パイロットの操縦ミスであるとの結論に至りました。

当時、沖縄本島から約30キロ離れた海上で定期訓練を実施中、オスプレイの右プロペラが給油機の給油ホースに接触、その結果、プロペラが破損しました。

パイロットは人口過密地域の上空飛行を回避し、安部の海岸に推進力を保ちつつ緊急着水を敢行しました。

その直後にパイロットと乗組員は救助されました。

在日米海兵隊司令官のローレンス・ニコルソン中将は「海上保安庁、沖縄県警、米空軍第31および第33救難飛行隊に対し、改めて感謝の気持ちを伝えたい」と謝意を述べました。

「事故が起きた事は非常に残念ですが、もし乗組員の迅速な対応、そして沖縄と米空軍の関係者の協力がなければ、状態は悪化していたかも知れません。われわれは日本との同盟関係を支援するため、オスプレイやすべての航空機の安全な飛行に努めます」と締めくくっています。

その他のリンク
台風の最新情報です 台風最新情報
米軍の台風表示です TCCOR
米海兵隊のトモダチ作戦からのニュースです トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted Sept 11, 2017