ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

ニュース (6月21日)

キャンプ富士で日米が仲良くマッドラン

約80人の日米の子どもたちがキャンプ富士でのマッドランに参加しました
約80人の日米の子どもたちがキャンプ富士でのマッドランに参加しました
【米海兵隊キャンプ富士】夏の涼しい朝、キャンプ富士での第4回目となるマッドランに人々が集まり始めました。

地元住民やアメリカ人たちが朝から、笑顔、ダンス、そして泥の中を駆け抜けるために集まりました。

キャンプ富士司令官のエスカミーラ大佐は「泥の中に入って汚れることは楽しいのですが、私にとって特別なのは今日の参加者です。日本全国からの参加者とアメリカ市民が一緒に楽しむために集まり、われわれの同盟の強固さを物語っています」と話しています。

コースは、泥の中を腹ばいになって進む箇所、壁をよじ登る箇所、滑りやすい急な坂道など、参加者には多くのチャレンジが待ち受けていました。

今年のイベントには日米約440人が参加し、その中の約400人を日本人が数えました。

?f????{?????g?e?B?A???fn?????V?l?z?[?????K?????C???q???fc???C???e?????
約440人の参加者がキャンプ富士でのマッドランで泥まみれ
先ず始めに5キロの個人競走があり、続いてチーム競走が行われ、最後にコースを自由に走るファンランが執り行われました。

それぞれのレースの1位から3位までの勝者には、ナイキバッグからGoProまでのさまざまな商品が授与されました。

横浜から参加したイズミさんは「基地を一般市民に開放してくれたことは良かった。レース後はハンバーガーを食べ、日常とは違った、アメリカの社会を目にすることができました」と感想を述べていました。

一般市民が全ての競走を終了すると、続いて約80人の日米の子どもたちが参加した、1キロのファンランが始まりました。

キャンプ富士の海兵隊員らは、今回のイベントのために一週間前から作業を始め、コースを仕上げました。

ガルシア伍長は「最初はきつかったけど、誰のためにやっているのかを考えたとき、価値ある作業だと思いました」と述べていました。

その他のリンク
台風の最新情報です 台風最新情報
米軍の台風表示です TCCOR
米海兵隊のトモダチ作戦からのニュースです トモダチ作戦
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Posted Jun 21, 2018